統一協会の集会に自民党議員ら6人が来賓として出席した

2018-08-03

●統一協会の集会に自民党議員ら6人が来賓として出席した

ダム問題と関係ありませんが、世の中がおかしくなっていることの象徴として、統一協会の集会に自民党議員ら6人が来賓として出席したことをお知らせします。

ニコニコ大百科の世界平和統一家庭連合には、「世界平和統一家庭連合とは、韓国で創始され活動をしている新宗教団体である。キリスト教系新宗教と公称する。旧称は世界基督教統一神霊協会(統一教会/統一協会)。」と書かれているので、かつて「統一協会」又は「統一境界」と呼ばれていた組織は、日本では2015年8月に改称され、現在では「世界平和統一家庭連合」が正式名称となっているようです。

文化庁が名称変更を認証したことについては、2015年8月31日付け「やや日刊カルト新聞」が問題ありとして報じています。

2018年7月1日付け「やや日刊カルト新聞」の統一教会の「さいたまスーパーアリーナ2万人集会」に自民党国会議員ら6人が来賓出席という記事があります。

阿修羅による転用記事は、統一教会の「さいたまスーパーアリーナ2万人集会」に自民党国会議員ら6人が来賓出席 祝電を送った国会議員が47人もいたです。

記事には次のように書かれています。

(2018年7月)1日、さいたまスーパーアリーナで統一教会・家庭連合が、現在の教団最高権力者である韓鶴子総裁を主賓に迎えて『日本宣教60周年 2018神日本家庭連合 希望前進決意2万人大会』を開催した。この大規模信者集会に国会議員6人(自民党5人と無所属1人)が来賓として参加、うち2人が祝辞を述べた。また、47人の国会議員から祝電があったことも発表された。

来賓として司会者から紹介されたのは、柳本卓司参議院議員(自民、大阪)、工藤彰三衆議院議員(自民、愛知4区)、三ツ林裕巳衆議院議員(自民、埼玉14区)、神山佐市衆議院議員(自民、埼玉7区)、本村賢太郎衆議院議員(無所属、神奈川14区)、宮島喜文参議院議員(自民、全国比例)。

このうち檀上から祝辞を述べたのは柳本卓司議員と工藤彰三議員だ。
(中略)
司会者は「国会議員47名をはじめ各界買各層の皆様から72通の祝電」があったと話し、逢沢一郎衆議院議員(岡山1区)と木村義雄参議院議員(全国比例)からの電報2通を読み上げた。また、「多くの国会議員秘書の皆様もお越しいただいています」との発言もあった。

本紙既報の通り、ちょうど一か月前、全国霊感商法対策弁護士連絡会が参議院議員会館で緊急院内集会を開き、全国会議員に「政治家の皆さん、家庭連合(旧統一教会)からの支援を受けないでください」と題した声明文を採択した。その声明文は当日、全国会議員の事務所担当者に直接手渡しされた。その声明文を受け取った上で同教団と付き合いを続ける恥ずべき国会議員がこれほど多くいるということは看過できない事態だ。


●統一協会とは何か

ニコニコ大百科の世界平和統一家庭連合には、次のように書かれています。

EU圏では創価学会と同じくカルト教団と見なされることが多い。フランス・オーストラリア・中華人民共和国ではカルトに指定されている。なお中国では、法輪功や全能神教会と同等に厳しく弾圧されている。統一教会元広報局長で世界日報編集局長だった副島嘉和によると、1975年文鮮明から日本統一教会に送金命令が下り、毎月約20億円、1985年までの10年間に合計約2000億円が文鮮明に送金された。これに伴い被害相談額だけで2001年までの25年間で1100億円を超える大きな傷跡を残した。2009年時点では日本の信者への献金要請は続いている。

なお、教祖の文鮮明は反共を強く訴えた政治団体「国際勝共連合」の代表でもあり、冷戦時代は韓国を反共の防波堤としたい日米の政治家たちと深い関係があったとされている。そのため、現在も自民党・民主党とは深くがりがあると言われている。

ニコニコ大百科は、「世界平和統一家庭連合とは、韓国で創始され活動をしている新宗教団体である。」と説明します。

確かに、世界平和統一家庭連合のホームページによると、「日本家庭連合は、1959年10月2日に創立され、1964年7月15日に宗教法人として認証されました。 2019年には創立60周年を迎えます。」と書かれています。

しかし、多くの人々を霊感商法で苦しめたのは事実であり、「日本の乗っ取りもしくは寄生が目的」(「日本のために」というサイトの統一協会は何故危険なのか? 第二部)という見方もあります。

全国霊感商法対策弁護士連絡会は、「家庭連合は、統一教会と名乗っていた頃から、信者の人権を抑圧し、霊感商法による金銭的搾取と家庭の破壊等の深刻な被害をもたらしてきた反社会的な団体」と定義しています(安倍一派と公明党の凋落、そして共産党の躍進!(simatyan2のブログ)

●問題は何か

「被害相談額だけで2001年までの25年間で1100億円を超える」被害を出すような組織が宗教法人としてまかり通っていることが問題だと思います。

そんな組織の集会に自民党5人、無所属1人の国会議員が来賓として参加しました。所属政党が不明ですが、また、真偽の確認は困難ですが、報道によれば、47人もの国会議員が祝電を送ったのです。

国会議員707人(2017年現在)のうちの53人(約7.5%)が、人々を洗脳し、財産を奪ってきた団体の発展を願っているということです。

そして、そのことにマスコミがニュースバリューを認めず、報道しないことも問題だと思います。

(文責:事務局)
フロントページへ>その他の話題へ>このページのTopへ